FC2ブログ
 

KHJ  カンボジア ビジネス/旅行-Cambodia business / trip発信ブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から現在まで学校がない村について

世界中に学校や教育施設がない村は沢山あると思いますが、発展することが出来た国で学校がない国はないと思います。
発展途上国には学校がないことや学校があっても校舎が足りないという状況は当たり前です。
カンボジアは今まさに発展途上で教育の環境はまだまだ整っていません。最近新しい村が沢山出来ていて、同時に学校も作られてきています。しかし、昔からある村には現在まで学校が一切建てられていない所もあります。

川をボートで渡る  村の人々

カンボジアは昔から戦争や内戦などを繰り返していましたが、1998年にようやく平穏な時を迎えました。しかし、内戦時代に宗教や教育基盤などはほとんど破壊されました。そして、内戦時代から生きている人々の中には読み書きが出来ない人達が多くいます。そして、内戦時代から残っている学校も大部分が非常に老朽化し壊れてしまっています。現在、カンボジアでは教育の体制が回復してきています。子どもたちは徐々に学校に通うようになり、教育というものがどれだけ大切か皆理解してきていますので学校に行きたい子ども、また通わせたい親は多いです。

先日私たちは昔から一切学校が建てられていない村を視察してきました。その村はプレイヴェン州ボンレッチ郡プラサット村です。プノンペンから車で約3時間半程かかります。プノンペンから出発し途中に一度フェリーでメコン川を渡ります。さらに車で1時間程移動してプラサット村に着きますが、人々が暮らす場所までまたボートで渡らなくてはなりません。写真のように小さいボートに乗っています。

村の人々  村の人々

子供  子供

到着すると、沢山の村の人々が歓迎してくれました。村のおばあさん、おじいさん、皆は学校をとても必要としていて皆で協力して校舎を立てる土地を購入して準備してくれています。でも、校舎を建設する費用まではなかなか難しく、まだ建設は出来ていません。郡長や村長たちは学校校舎の依頼書を政府に申請しましたが、結果の連絡はいっこうにありません。そこで、皆はNGOや支援組織にお願いしておりますが、これまでどこの支援団体もこの村に入っていません。誰も視察していません。ですので今回我々KHJのスタッフが訪問する事をとても喜んで歓迎してくれました。私達も当初この村の事を全く知りませんでしたが、郡長や村長が依頼書を送ってくれました。

ボートで川を渡る  子供の笑顔

子供の笑顔  村の人や子供

村の人達と話し合いました。ある一人のおばあさんは今72歳なのに自分の住んでいる村の中で学校を見たことがありません。自分も学校に行けなかったので子どもや孫たちには是非学校に行かせたいですと言っていました。
しかし、自分の村には学校がありませんのでメコン川の反対の村の学校に行かせなければなりません。
学校に行く時にボートが必要になります。
貧しい家庭はボートが買えないので同じ村の人のボートに乗せてもらって渡りますが、なかなか乗り切れないことも多く学校に行けなくなります。そして、学校から帰る時ににボートがなかったら、泳いで渡ります。今まで学校に行くのに川を渡って亡くなった子どもはいないとのことで、本当に良かったです。
このメコン川は雨季になると水が非常に増します。そして、おばあさん達は毎日いつも夕方になると孫を待っています。なぜかというと川を渡るのはとても危険で本当に心配ですと言っていました。毎日一番辛いことは子どもや孫などが学校に行く時に川を渡ることです。村の人々はもしも、ここに学校が出来たら本当に大変助かりますと言っていました。
この村には教師をしている人もいますが、毎日ボートで川を渡って他の村の学校に教えに行っています。
川を渡ることは危ないですので学校に行かせてもらえない子どもも沢山います。そして、大きくなってから学校に通い始めて、11歳でようやく小学1年生を迎えるような状況です。子ども達は他の村に遊びに行ったとき、他の村の子ども達は普通に学校に歩いて行けて、うらやましい気持ちになりますと言っていました。

実際にこの村を訪問しまして村の歴史を聞いて本当にいろいろなことを考えました。日本人の皆様も実際にこんな大変な村の現状をお知りになりたいという気持ちがありましたら、いつでも訪問することができます。
そして、このような村の学校校舎を建設支援したいというお気持ちがありましら、KHJにいつでもご連絡ください。いつでも精一杯ご協力させて頂きます。心からお待ちいたしております。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。