FC2ブログ
 

KHJ  カンボジア ビジネス/旅行-Cambodia business / trip発信ブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島まで架けられた橋の完成式について

完成した橋  橋の完成式

カンボジアホンセン首相  カンボジアホンセン首相

2011年07月12日、シアヌークビルにて、島まで架けられた橋の完成式が行われ、カンボジアのフンセン首相や首相の奥様がご参加されました。

当日はいつもにもまして良い天気でしたので、無事完成式を執り行うことが出来ました。

完成式は8時半にスタートし、大勢の人々が出席されました。
この島まで架けられた橋は、2008年1月28日に sinohaydro という中国の建設会社と契約して、建設が開始され、資金は約20億ユーロ、30億ドルほどと計算されています。
この橋の長さは900メートルで幅12メートル、基礎の深さは40メートルあります。この橋は完成するまで職人さんが130人(中国人、カンボジア人)携わりました。またセメントを1万トン、鉄筋は40千トン、綱は650トン使われたと言われています。
この橋はKoh Puos Investment Group Ltd., ( KPIG )ロシー会社がカンボジアと2006年から99年間の契約をしました。シアヌークビルにこの橋が出来て本当に観光客がどんどん増えると思います。
島でのステイが好きな方は簡単に島に行けるようになって、本当に便利です。
日本の皆様も今度カンボジアにお越しになる際は、是非この橋も渡ってみてください。
島でゆっくりのんびりすることが出来ます。とても素敵な旅行になることとと思います。

カンボジアは現在どんどん発展し続けています。これからさらに観光客も増えるはずです。
いろいろな国のお客さんが増えていくと思います。カンボジアが近い将来、世界の中でとても平和で、発展した国になれることを、心から願ってやみません。

この写真は(http://www.cen.com.kh)からコピーしました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。